アトリエ・エクレア

2DCG&3DCG, プログラミング, 日記などを掲載してます。

Photoshopメモ

Photoshopメモ


イラストテクニック

線画や塗りの色を変える

  • 直接レイヤーを選択して、イメージ → 色調補正 → 色相・彩度(Ctrl+U)
    ※部分的に行う場合は、選択範囲を作成しておく
  • レイヤーを追加し、クリッピングマスク
  • ベクトルマスク ※上書きになる

ラフ

  • 最終的には、色調補正で赤くし、不透明度を下げておくと、線画と見分けやすい。

線画

  • レイヤーの追加や結合(Ctrl+E)を繰り返しながら線画を描く。
  • とりあえず分かりやすい色で塗ってから色調補正すると良い。
  • 描いた部分を、なげなわツール(L)などで選択したら、右クリック → 自由変形(Ctrl+T) → ワープ
  • レイヤーのサムネイルをCtrl+左クリックで、選択範囲を読み込む。※"選択範囲の読み込み"参照
  • 対称物を描くには、複製 → 変形 → 垂直(or 水平)方向に反転
  • レイヤースタイルで、目立つ色の境界をつけると、ゴミなどを見つけやすい。
  • クリッピングマスクを利用して、線画に色を付けて、なじませる(色トレス)。
    • 塗りの後に行うのが良さげ。
    • [透明ピクセルをロック]では、上書きになるので、クリッピングマスクのほうが良い。

塗り

手順

  1. 線画を自動選択ツールで部位ごとに選択
  2. 選択範囲を拡張する(2px程度)。※細かい部分(髪の毛先等)まで選択範囲がまわらないため
  3. 塗りつぶしツールで塗る。
  4. 周囲をよく確認し、細かい塗り残し&はみ出し部分を、ブラシツールなどを使い、手作業で修正。

ポイント

  • とりあえず分かりやすい色で塗ってから色調補正すると良い。
  • 線画レイヤーの下に塗りレイヤーを配置
  • 各ベースの塗り残し&はみ出しは、お互いのベースを塗っていってわかってくる場合があるので、
    最初に全てのベースを塗ってしまったほうが効率的かもしれない。

影やハイライトの塗り

  • とりあえず分かりやすい色で塗ってから色調補正すると良い。
  • 各ベースレイヤーの上に、クリッピングマスクで、ぼかしorハードブラシで塗っていく。
    ※乗算にすると、ベースを透かしながら塗れるが、色を拾うときに注意。


ツールの操作

ブラシツール(B) / 消しゴムツール(E)

  • ブラシツール / 鉛筆ツール / 色の置き換えツール: Brush (B) ※切り替え: Shift+B
  • 消しゴムツール: Eraser (E)
  • マスター直径 / 硬さ / プリセット: カンバス右クリック
  • サイズ: [ / ]
  • 硬さ: { / }
  • 不透明度: Enter → 数値入力  /  数値入力 ※オプションバーで、[不透明度]の文字をドラッグ
  • 流量: Enter → Tab → 数値入力  /  Shift+数値入力 ※オプションバーで、[流量]の文字をドラッグ
    ※流量は、(特にテクスチャなどを使ったときの)かすれ具合に影響がある。
  • 不透明度 & 流量: Enter → 数値入力(不透明度) → Tab → 数値入力(流量)
  • 描画モード変更: Shift + [+] / [-] ※オプションバーの[モード:]のコンボボックス
  • カーソル変更: Shift+ [Caps Lock] ※[編集] → [環境設定] → [カーソル] → [ペイントカーソル] 変更。
  • 水平 / 垂直に直線を引く: Shift+ドラッグ
  • 直線を引く(斜め含む): 点を打ち、別の場所でShift+左クリック

ズームツール(Z)

  • Zoom (Z)
  • ズームイン: Ctrl+[+] / Ctrl+Space
  • ズームアウト: Ctrl+[-] / Alt+Space

移動ツール (V)

  • Move (V)
  • 複製移動: Alt+移動

ペンツール(P)

  • Pen (P)
  • パスを直線に切り替える: Alt+左クリック
  • パスからの選択範囲作成: パスパネルのパスのサムネイルをCtrl+左クリック
    ※パスパネル下部の[パスを選択範囲として読み込み]アイコンをクリック

なげなわツール / 多角形選択ツール / マグネット選択ツール(L)

  • Lasso (L) ※切り替え: Shift+L
  • 多角形選択ツール使用時に、操作を戻す: Delete

自動選択ツール / クイック選択ツール(W)

  • Magic Wand (W) ※切り替え: Shift+W

長方形選択ツール / 楕円形選択ツール(M)

  • Marquee (M) ※切り替え: Shift+M

手のひらツール(Space)

  • Hand (H / Space)

スポイトツール( I )

  • Eyedropper ( I )

コピースタンプツール / パターンスタンプツール(S)

  • Clone / Pattern Stamp (S) ※切り替え: Shift+S

グラデーションツール(G)

  • Gradient (G)

一般的な操作

コピー / ペースト

  • コピー: Ctrl+C
  • ペースト: Ctrl+V

同じ位置にペーストする方法

通常のペースト(Ctrl+V)では、同じ位置に貼り付けできないので、以下の方法を利用する。
※選択範囲が必要。

  • 選択範囲をコピーしたレイヤー: Ctrl+J
  • 選択範囲をカットしたレイヤー: Shift+Ctrl+J

選択範囲関連

選択範囲の境界線などの表示/非表示

  • ビューメニュー → エクストラ(Ctrl+H)

選択範囲の読み込み

  • レイヤーのサムネイルを、Ctrl+左クリック
  • 選択範囲メニュー → [選択範囲を読み込む]
  • 選択ツール使用時に、描画エリアを右クリック → [選択範囲を読み込む]

選択範囲の、追加 / 一部削除

  • 追加: Shift+選択範囲作成
  • 一部削除: Alt+選択範囲作成

選択を解除

  • 選択範囲メニュー → 選択を解除(Ctrl+D)
  • カンバス上で右クリック → 選択を解除

選択範囲の塗りつぶし

  • 選択範囲を作成後、右クリック → [塗りつぶし](Alt+Delete)

レイヤー関連

レイヤーの複製(Alt+移動)

  • レイヤーを、Alt+移動
  • レイヤー右クリック → [レイヤーを複製]
  • レイヤーを、レイヤーパネル下部の[新規レイヤーを作成]アイコンに持っていく。

レイヤーのグループ化(Ctrl+G)

  • レイヤーメニュー → レイヤーをグループ化(Ctrl+G)
  • 複数のレイヤーを選択し、下の新規グループアイコンにドラッグ&ドロップ
  • 右上のメニュー → レイヤーからの新規グループ

レイヤーの結合(Ctrl+E)

  • レイヤー → 下のレイヤーと結合(Ctrl+E)
    • 選択レイヤーが1つ: 下のレイヤーと結合
    • 選択レイヤーが複数: 選択したレイヤーを結合

レイヤーの色分け

  • レイヤーの目のアイコンを右クリック → 色を指定。

レイヤーの不透明度

  • レイヤーの不透明度: レイヤーが選択されている状態で数値入力
    • ブラシや消しゴムツール以外で行う。※各ツールの不透明度操作になってしまうため。
    • レイヤーパネルにカーソルを持っていく必要はない。

マスク

レイヤーマスク

  • レイヤーマスクは、グレースケールで描く。※白いと表示され、黒いと非表示になる。
  • レイヤーにレイヤーマスクを追加すると、全て表示されたままで、黒く塗ったところが消える → ホワイトマスク
  • レイヤーにレイヤーマスクを追加した後、黒く塗りつぶしておくと、表示が全て消え、白で塗ったところが現れる → ブラックマスク
  • 選択範囲を作成後に、レイヤーマスクを追加すると、選択範囲内が表示された状態になる。
  • レイヤーグループ(フォルダ)にもレイヤーマスクを使用できる。

クリッピングマスク

  • レイヤーどうしの境界でAlt
  • レイヤー右クリック → [クリッピングマスクを作成]

戻る / 進む

  • 1段階戻る: Alt+Ctrl+Z
  • 1段階進む: Shift+Ctrl+Z

カラー

  • 描画色と背景色を入れ替える: Switch Colors (X)
  • 描画色を白、背景色を黒にする: Default Colors (D)

複製移動(Alt+移動)

  • 移動ツール(V)でAlt+移動 ※任意で選択範囲を作成しておく

色調補正 → 色相・彩度(Ctrl+U)

  • イメージメニュー → 色調補正 → 色相・彩度(Ctrl+U)

自由変形(Ctrl+T)

  • 選択範囲を作成後、右クリック → [自由変形](Ctrl+T)
    ※自由変形を選択後、さらに右クリックで変形内容を選択できる。

境界線を描く

  • 選択範囲を作成後、右クリック → [境界線を描く]

ゆがみ

  • フィルター → ゆがみ(Shift+Ctrl+X)

同じものを繰り返し描画

  • コピースタンプツールを使う(Altで基準を設定)
  • 複製移動をする(移動ツールでAlt+移動)

金属を塗る

  • 金属を塗る場合は、ブラシのモードを覆い焼きカラーにすると良さげ。
    ※明るいところをより明るくするので、光沢の表現がし易い。

テクスチャー

  • フォト画像をテクスチャーとして使う場合、
    レイヤー(or レイヤーグループ)の描画モードをソフトライトにすると良さげ。


Photoshop ~画像をカンバスの中央に整列させる方法~

Photoshop ~画像をカンバスの中央に整列させる方法~

※CS3の場合。

(1)
photoshop_alignment_001.jpg
移動したい画像があるレイヤーを選択する。
※移動ツールを選択し、"バウンディングボックスを表示" にチェックを入れておくと、画像の範囲がわかりやすい。


(2)
photoshop_alignment_002.jpg
Ctrl+Aで全てを選択する(or [選択範囲] → [すべてを選択])。
※カンバス全体の選択範囲が、キーオブジェクトになる。
※[レイヤー]ツール → [レイヤーを選択範囲に整列] が選択できるようになる。


(3)
photoshop_alignment_003.jpg
移動ツールのオプションバーにある、"垂直方向中央揃え" と、"水平方向中央揃え" をクリックする(順不同)。
※[レイヤー]ツール → [レイヤーを選択範囲に整列] → [垂直方向中央] / [水平方向中央] を選択しても同じ。


(4)
photoshop_alignment_004.jpg
Ctrl+Dで選択を解除する(or [選択範囲] → [選択を解除])。


以上で、カンバスの中央に、画像を配置できる。
ポイントは、"すべてを選択" を使うこと。
マニアックなやり方だと思う。

(; ・`д・´)b おしまい。




はじめてさんのPhotoshop おえかき入門

はじめてさんのPhotoshop おえかき入門

riresu (著) 2016/2/2 発売中






Faviconの設定

ファビコンをつくってみました。
ファビコンとは、お気に入りのところにでてくるアイコンのことですよ~。

Favorite icon(フェイバリット・アイコン)を縮約してFaviconとなっているらしいです。
Favoriteは、"お気に入り"って意味ですね。

設定前
FC2ブログにはもともとユニコーンのアイコンがあるんですが、自分でデザインしたものを使いたかったので、photoshopにて作成しました。

アイコン②
最初は32×32pxでつくる。


アイコン① 
少年A。

アイコン③ 
最終的に16×16pxに縮小。
かなりディテールが崩れるのが悲しい。゜(うω`*)゜。

ico形式で保存します。周りが透明ならそのまま透明になります。いったんFC2ブログのサーバーにアイコン画像だけアップロード。そのあと、htmlテンプレートの</head>の前に、<link rel="shortcut icon" href="○○○○"/>を入力すれば完了。○○○○にはアップロードしたアイコン画像へのURLを入力。

設定後 
(*´▽`*)完成~♪
マイブログへようこそ♪
PLEASANT_DRAGON

2DCG&3DCG,プログラミング,
日記などを掲載中☆

(*´▽`*)コメント大歓迎です☆

最新記事
記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
SAI (0)
mi (2)
C (1)
C++ (1)
C# (0)
VBA (0)
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ピックアップ商品1♪










カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索フォーム
プロフィール

エクレア

Author:エクレア


  • 2DCG&3DCGの創作活動をしています。

  • SF系のメカが大好物。

アクセスカウンター
Twitter
ピックアップ商品2♪