アトリエ・エクレア

2DCG&3DCG, プログラミング, 日記などを掲載してます。

Visual Basic for Applications (VBA)

Visual Basic for Applications (VBA)

  • Office 2013 Visual Basic for Applications 言語リファレンス → Link
  • Excel 2013 開発者用リファレンス → Link


<データ型>

データ型の例   ※他にもある
データ型 サイズ 範囲
Byte
(バイト型)
1バイト 0 ~ 255
Boolean
(ブール型)
2バイト True または False
Integer
(整数型)
2バイト -32,768 ~ 32,767
Long
(長整数型)
4バイト -2,147,483,648 ~ 2,147,483,647
LongLong
(LongLong整数型)
8バイト -9,223,372,036,854,775,808 ~ 9,223,372,036,854,775,807
(64ビットプラットフォームでのみ有効)
LongPtr
(32ビットシステム:
長整数型
64ビットシステム: LongLong 整数型)
32ビット
システム:
4バイト

64ビット
システム:
8 バイト
32ビットシステム:
-2,147,483,648 ~ 2,147,483,647
64ビットシステム:
-9,223,372,036,854,775,808 ~
9,223,372,036,854,775,807
Single
(単精度浮動小数点型)
4バイト 負の値の場合:
-3.402823E38  ~ -1.401298E-45
正の値の場合:
1.401298E-45  ~ 3.402823E38
Double
(倍精度浮動小数点型)
8バイト 負の値の場合:
-1.79769313486231E308  ~
-4.94065645841247E-324
正の値の場合:
4.94065645841247E-324  ~
1.79769313486232E308
Currency
(通貨型)
(サイズ固定整数)
8バイト -922,337,203,685,477.5808 ~
922,337,203,685,477.5807
Decimal
(10進型)
14バイト 小数点なしで
+/-79,228,162,514,264,337,593,543,
950,335
小数点の右に 28 桁で
+/-7.9228162514264337593543950335
最小の非ゼロ数は
+/-0.0000000000000000000000000001
Date
(日付型)
8バイト 100年1月1日 ~ 9999年12月31日
Object
(オブジェクト型)
4バイト いずれかのオブジェクト参照
String
(文字列型)
(可変長)
10バイト + 文字列の長さ 0 ~ およそ20億
String * n
(文字列型)
(固定長)
文字列の長さ 1 ~ およそ65,400
Variant
(バリアント型)
(数字使用)
16バイト 最大で倍精度浮動小数点型の範囲までのいずれかの数値
Variant
(バリアント型)
(文字使用)
22バイト + 文字列の長さ (64ビットシステムで24バイト) 可変長の文字列型と同じ範囲
ユーザー定義型
(Type を使用)
要素ごとに必要な数 各要素の範囲は、そのデータ型の範囲と同じ
※ 数値型をBoolean型の値に変換 → 0はFalse。0以外の値はTrue。
     Boolean型の値を数値型に変換 → Falseは0。Trueは-1。


<演算子>

演算子の例   ※他にもある
種類 演算子 意味
代入演算子 (単純代入) = 単純代入
代入演算子 (複合代入) += 加算代入
-= 減算代入
*= 乗算代入
/= 除算代入
\=   (円記号) 除算 (商) 代入
^= 累乗して代入
&= 文字列連結 代入
算術演算子 + 加算
- 減算
* 乗算
/ 除算
\   (円記号) 除算 (商)
^ 累乗
MOD 剰余
- マイナス化
連結演算子 & 文字列連結
+ 文字列連結
比較演算子 = 等しい
<> 等しくない
> より大きい
< より小さい
>= 以上
<= 以下
Like 文字列比較 (パターンマッチ)
Is 参照比較
論理演算子 And 論理積
Or 論理和
Not 論理否定
Xor 排他的論理和


<Optionキーワード>

Option Explicit        ' 明示的な、変数の宣言


<変数の宣言>

Option Explicit

Public a As Integer    ' パブリック変数 (パブリックモジュールレベル変数)

Private b As Integer   ' プライベート変数 (プライベートモジュールレベル変数)
Dim c As Integer       ' プライベート変数 (プライベートモジュールレベル変数)

Sub Sample()
    Dim d As Integer   ' ローカル変数 (プロシージャレベル変数)

    Dim e As Integer, f As Integer    ' e,fいずれも整数型
    Dim g, h  As Integer              ' g:Variant型, h:整数型
    
    Dim i                             ' 宣言時の型省略 → Variant型
End Sub


<配列変数>

Sub Sample()
	Dim i As Integer
	
	Dim a(2) As Integer
	a(0) = 10
	a(1) = 20
	a(2) = 30
	For i = 0 To 2
		MsgBox a(i)     ' a(0)=10, a(1)=20, a(2)=30
	Next i
	
	' 配列の要素数を変更 ※それまでの内容は失われる
	ReDim a(3)                      ' データ型は変更できない
	a(3) = 40
	For i = 0 To 3
		MsgBox a(i)     ' a(0)=0, a(1)=0, a(2)=0, a(3)=40
	Next i	
	
	a(0) = 10
	a(1) = 20
	a(2) = 30
	a(3) = 40
	
	' 配列の要素数を変更 ※それまでの内容は保持される
	ReDim Preserve a(5)        ' データ型は変更できない
	a(4) = 50
	a(5) = 60
	For i = 0 To 5
		MsgBox a(i)     ' a(0)=10, a(1)=20, a(2)=30, a(3)=40, a(4)=50, a(5)=60
	Next i
End Sub


<ステートメント>

If...Then...Else ステートメント

Sub Sample()
	Dim a As Integer
	a = 10

	If a > 10 Then
		MsgBox "UP"
	ElseIf a < 10 Then
		MsgBox "DOWN"
	Else
		MsgBox "EQUAL"
	End If     ' ブロック形式では必要。1行の形式では必要なし。
End Sub

Select Case ステートメント

Sub Sample()
	Dim a As Integer
	a = 9
	
	Select Case a
		Case 0 To 3
			MsgBox "0以上 3以下"
		Case 4, 5, 7
			MsgBox "4, 5, 7 のいずれか"
		Case Is >= 10                ' Isキーワード
			MsgBox "10以上"
		Case Is = 8                  ' 比較演算子の等価は= (※==ではない)
			MsgBox "8"
		Case Else
			MsgBox "6, 9 のいずれか"
	End Select
End Sub

For...Next ステートメント

Sub Sample()
	Dim a As Integer, i As Integer
	a = 15
 
	' 1 -------------------------------------   
	For i = 1 To 10
		 a = a + 1
	Next i  
	MsgBox a                    ' 25
     
	' 2 -------------------------------------   
	For i = 10 To 0 Step -2     ' Step はオプション
		a = a - 1
	Next i  
	MsgBox a                    ' 19
     
	' 3 -------------------------------------   
	For i = 0 To 30 Step 3
		a = a + 1
		If a > 25 Then
			Exit For            ' 直近の For Next を抜ける
		End If
	Next i  
	MsgBox a                    ' 26
End Sub

For Each...Next ステートメント

Sub Sample()
    Dim a(1 To 5)  As Integer
    Dim b As Integer

    a(1) = 12
    a(2) = 107
    a(3) = 0
    a(4) = 5
    a(5) = 21

    For Each b In a
        MsgBox b         ' 配列の全ての要素を表示
    Next b
End Sub

Do...Loop ステートメント

Sub Sample()
    Dim a As Integer
  
	' 条件判断してからループ ※Trueで実行 -----
	a = 5
	Do While a > 10
		a = a + 1
	Loop
	MsgBox a                  ' 5	
	
	' ループしてから条件判断 ※Trueで実行 -----
	a = 5
	Do
		a = a + 1
	Loop While a > 10
	MsgBox a                  ' 6
    
    ' ============================================
    ' 条件判断してからループ ※Falseで実行 -----
	a = 7
	Do Until a > 10
		a = a + 1
	Loop
	MsgBox a                  ' 11
	
	' ループしてから条件判断 ※Falseで実行 -----
	a = 7
	Do
		a = a + 1
	Loop Until a > 10
	MsgBox a                  ' 11
    
    ' ============================================
    ' 条件判断してからループ ※Trueで実行 -----
	a = 12
	Do While a > 10
		a = a + 1
		If a > 20 Then
			Exit Do   ' 直近の Do Loop を抜ける
		End if
	Loop
	MsgBox a                  ' 21
End Sub

With ステートメント

Sub Sample()
	' オブジェクトの名前を再修飾せずに、一連のステートメントを実行
	With Application.Workbooks("MyBook.xls").Worksheets("Sheet1").Range("C3")
		.Value = "テストです。"
		.Font.ColorIndex = 3
		.Interior.ColorIndex = 6
	End With
End Sub


<エラー処理>

On Error ステートメント

Sub Sample()
	On Error GoTo MyErrorHandler      ' line引数は、任意の行ラベル、または行番号
		Worksheet(3).Delete
	Exit Sub                          ' Functionの場合は、Exit Function
MyErrorHandler:                       ' ラベル
	MsgBox Err.Description, vbCritical, "重大なエラー!!"          ' Err Object
End Sub


<オブジェクトの階層構造>

Sub Sample()
	' オブジェクトの階層構造 ==============================================================
	' Applicationオブジェクト > Workbooksコレクション > Workbookオブジェクト >
	'                    Worksheetsコレクション > Worksheetオブジェクト > Rangeオブジェクト
	
	Application.Workbooks("TestBook.xls").Worksheets("Sheet1").Range("B5").Value = "test"
End Sub


<プロシージャの呼び出し>

Subプロシージャを呼び出す時は、Callは指定しても、しなくても良い。
 Callを指定する場合引数リストの括弧も書く指定しない場合括弧も書かない

Functionプロシージャを呼び出し、戻り値を利用する時は、
 Callは指定しない。ただし引数リストの括弧は書く
 ※戻り値を利用しない場合は、Callは指定しても、しなくても良い。

Sub Sample()
    ' Subプロシージャの呼び出し =============================================================================
    ' Callステートメント:コントロールを Subプロシージャ, Functionプロシージャ, DLLプロシージャに転送。
    ' ※ 組み込みまたはユーザー定義の関数を呼び出す場合、関数の戻り値は破棄される。
    ' もし引数がある場合: Callを指定するなら引数リストを括弧で囲む。(Callを省略 → 括弧も省略)
    Call mySub1                             ' Callキーワードは省略可。
    
    Call mySub2("mySub2です。")             ' Callキーワードは省略可。※ Callを省略 → 括弧も省略
    
    ' Functionプロシージャの呼び出し ========================================================================
    Dim returnValue As String
    returnValue = myFunc1       ' 戻り値を得る場合、Callを省略する必要がある。そもそも、ここにCallは書けない。
    MsgBox returnValue
    
    returnValue = myFunc2("myFunc")        ' 戻り値を利用する場合、Callが無くても括弧を書く。
    ' returnValue = Call myFunc2("myFunc") ※エラー (ここにCallは書けない)
    MsgBox returnValue
End Sub
 
' ===========================================================================================================
' Subプロシージャでは戻り値を返せない。引数は受け取り可。
Sub mySub1()
    MsgBox "mySub1です。"
End Sub
 
Sub mySub2(ByVal mySubStr As String) ' ByVal(値渡し)やByRef(参照渡し)はオプション。※デフォルトはByRef
    MsgBox mySubStr
End Sub
 
' ===========================================================================================================
' Functionプロシージャでは戻り値を返せる。引数の受け取りも可。
Function myFunc1() As String
    myFunc1 = "myFunc1です。"
End Function
 
Function myFunc2(ByVal myFuncStr As String)
    myFunc2 = myFuncStr + "2です。"
End Function


<MsgBox関数>

ボタン引数で使用する定数 の例   ※他にもある
定数 説明
vbOKOnly 0 [OK] ボタンのみを表示
vbOKCancel 1 [OK] ボタンと [キャンセル] ボタンを表示
vbAbortRetryIgnore 2 [中止] ボタン、[再試行] ボタン、および [無視] ボタンを表示
vbYesNoCancel 3 [はい] ボタン、[いいえ] ボタン、および [キャンセル] ボタンを表示
vbYesNo 4 [はい] ボタンと [いいえ] ボタンを表示
vbRetryCancel 5 [再試行] ボタンと [キャンセル] ボタンを表示
vbCritical 16 [警告メッセージ] アイコンを表示
vbQuestion 32 [問い合わせメッセージ] アイコンを表示
vbExclamation 48 [警告メッセージ] アイコンを表示
vbInformation 64 [情報メッセージ] アイコンを表示

戻り値
定数 説明
vbOK 1 OK
vbCancel 2 キャンセル
vbAbort 3 中止
vbRetry 4 再試行
vbIgnore 5 無視
vbYes 6 はい
vbNo 7 いいえ

Sub Sample()
	Dim myPrompt As String, myTitle As String
	Dim myButtons As Integer
	Dim response As Integer
	
	myPrompt = "続行しますか?"
	myButtons = vbYesNo + vbCritical
	myTitle = "警告"

	response = MsgBox(myPrompt, myButtons, myTitle)
	
	If response = vbYes Then
    	MsgBox  """はい""が選択されました。"  ' ダブルクォーテーションを文字列で扱うには、2つ連続して入力
	Else
    	MsgBox   """いいえ""が選択されました。"
	End If
End Sub


<セルの操作>

※ ApplicationオブジェクトのActiveWorkbookプロパティ, ActiveSheetプロパティ, ActiveCellプロパティなどを扱ったり、
直接Rangeプロパティを扱う場合は、どこがアクティブであるのかに注意する必要がある。

Sub Sample()
    ' いろいろなセルの指定 ===========================================================
	Application.Workbooks("MyBook.xls").Worksheets("Sheet1").Range("B5").Value = "B5です。"

	Worksheets("Sheet1").Activate	
	ActiveSheet.Range("B6").Value = "B7です。"                ' Applicationオブジェクト修飾子を省略
	
	Range("G2").Activate
	Application.ActiveCell.Font.Bold = True
	ActiveCell.Interior.ColorIndex = 3                        ' Applicationオブジェクト修飾子を省略
	
	Application.Range("B7").Value = "B9です。"	
	' Applicationオブジェクト修飾子を指定せずにRangeプロパティを使用すると、
	' ActiveSheet.Range のショートカットとなる。 ※エラーに注意
	Range("D1").Value = "D1です。"
	
	' =============================================================================
	Dim myRange As Range  ' オブジェクト型の変数
	' オブジェクトへの参照を代入する
	Set myRange = Worksheets("Sheet1").Range("A5")            ' Setステートメント
	myRange.Value = "A5です。"
	
	' =============================================================================
	With Worksheets("Sheet1").Range("B2")   ' ※アクティブなブックに注意
		.Value = "B2です。"
		.HorizontalAlignment = xlCenter
		.VerticalAlignment = xlBottom
		.Interior.ColorIndex = 6
		.BorderAround ColorIndex:=3, Weight:=xlThin            ' 名前付き引数
	End With

	' =============================================================================
	With Worksheets("Sheet1").Range("B10").Borders(xlEdgeBottom)   ' XlBordersIndex列挙 の定数
		.LineStyle = xlContinuous
		.Weight = xlThick
		.ColorIndex = 3
	End With
		
	' =============================================================================
	' セルの範囲指定
	Worksheets("Sheet1").Range("C3:F7").Interior.ColorIndex = 5    ' ワークシート名
	Worksheets(1).Range("H5:K7").Interior.ColorIndex = 7           ' ワークシートのindex
End Sub


<ワークシートの操作>

Sub Sample()
    ' アクティブなワークシートの操作 ========================================================================
    Worksheets("Sheet1").Activate                         ' アクティブなワークブックでの操作になることに注意
    ActiveSheet.PageSetup.Orientation = xlLandscape       ' どのワークシートがアクティブになっているかに注意
    ActiveSheet.PrintOut

    ' ワークシートの操作 ====================================================================================
    Worksheets("Sheet1").Range("C5").Value = "C5です。"   ' 引数indexに、ワークシートの名前を指定
    Worksheets(1).Range("B3").Value = "B3です。"          ' 引数indexに、ワークシートのインデックス番号を指定   
    
    ' ワークシートの追加 ====================================================================================
    Worksheets.Add Before:=Worksheets("Sheet1")           ' 前に追加  ※名前つき引数
    Worksheets.Add After:=Worksheets("Sheet1")            ' 後に追加
    
    Worksheets("Sheet1").Activate
    ' Addメソッドの、引数Beforeと引数Afterを共に省略 → アクティブシートの直前に新しいシートが追加される
    Worksheets.Add
    
    ' ワークシートの削除 ===================================================================================    
    ' ブール型(Boolean)の戻り値がある。確認用ダイアログボックス:[キャンセル] → False, [削除] → True
    Worksheets("Sheet3").Delete
    
    ' ワークシートのコピー =================================================================================
    ' 引数Beforeと引数Afterの両方を省略 → 新規ブックが自動的に作成され、シートはそのブック内にコピーされる
    Worksheets("Sheet1").Copy After:=Worksheets("Sheet2")      ' Sheet1をコピーして、Sheet2の後に挿入
    
    ' ワークシートの名前の変更 =============================================================================
    Worksheets("Sheet4").Name = "シート4"
End Sub


<ファイルの操作>

Sub Sample()   
    ' ファイルが存在するかチェック ============================================================
    If Dir("C:\Users\ d(*´∇`d*) \Desktop\MyBook2.xls") = "" Then
        MsgBox "ファイルが存在しません。", vbExclamation, "警告!"
        Exit Sub
    End If
    
    ' 既に開いているかチェック ================================================================
    Dim check As Workbook
    For Each  check In Workbooks            ' WorkbooksプロパティでWorkbooksコレクションを取得
        If  check.Name = "MyBook2.xls" Then
            MsgBox "既に開いています。"
            Exit Sub
        End If
    Next check
    
    ' ファイルを開く =========================================================================
    Workbooks.Open targetFile, ,True       ' ReadOnlyをtrueで指定
    ' 参考:  Application.FindFile ' [ファイルを開く] ダイアログ ボックスを表示
    
    ' ファイルを閉じる =======================================================================
    If MsgBox("ファイルを閉じますか?", vbYesNo, "質問!") = vbYes Then
    	Workbooks("MyBook2.xls").Close      ' 開かれているすべてのブックを閉じる
   	Else
    	MsgBox "(´・ω・`)ショボーン", vbInformation, "情報"
    End If
End Sub




隔週刊 ボカロPになりたい! 17号

VocaloP_vol17_011.jpg

隔週刊 ボカロPになりたい! 17号

17号を開始する(*'ω'*)

隔週刊 ボカロPになりたい! 17号
これが17号。

<1> VOCALOID3 Editor

VocaloP_vol17_005.JPG         
シンコペーション。
音引き。


<2> SSW Lite7 for Rana

VocaloP_vol17_006.JPG       
シンコペーション。
個人ブログレベルの、あまりの内容の薄さに、絶句。



<3> MMD

VocaloP_vol17_007.JPG         
Islandがもらえた。



MikuMikuEffect (MME) の続き。

前回はAutoLuminousをやった。
今回は、Rana専用のエフェクトを使う。

VocaloP_vol17_008.jpg
ポストエフェクト:
ColorShake (v1_0_0)
xファイル (アクセサリ)

VocaloP_vol17_009.jpg
パーティクルエフェクト:
LiveLaser (v1_0_0)
pmxファイル (モデル)

複数読み込み可。

VocaloP_vol17_re_010.jpg
シェーディングエフェクト:
RanaToon (v1_0_0)
MMEffectメニューのエフェクト割当
RanaToon.fx

ExcellentShadow.x (アクセサリ)
PostAlphaEye.x (アクセサリ)

照明操作パネルで見栄えを調整。



次回も、
楽しみにゃんこ。

٩( 'ω' )و



VocaloP_vol17_012.jpg






隔週刊 ボカロPになりたい! 17号 が届く

隔週刊 ボカロPになりたい! 17号 が届く

VocaloP_vol17_001.jpg
定期購読の17号が届いた。

2015/4/28 発売のはずだけど、
2015/4/25に届いた。

3日前でのご到着。


※11号から定期購読開始

  • 11号 2015/02/03 発売 → 2015/01/31 着。3日早い
  • 12号 2015/02/17 発売 → 2015/02/14 着。3日早い
  • 13号 2015/03/03 発売 → 2015/02/28 着。3日早い
  • 14号 2015/03/17 発売 → 2015/03/14 着。3日早い
  • 15号 2015/03/31 発売 → 2015/03/30 着。1日早い
  • 16号 2015/04/14 発売 → 2015/04/11 着。3日早い
  • 17号 2015/04/28 発売 → 2015/04/25 着。3日早い

VocaloP_vol17_002.JPG
袋の口糊が、いつにも増して強力すぎるんですけどぉ。。。
・゜・(PД`q。)・゜・



VocaloP_vol17_003.JPG
17号。
南の島のステージが付属してるようで、楽しみ。


VocaloP_vol17_004.JPG
なんかね、今号で紹介されてるかたがね、
"畢生" っていう言葉を使ってるんだけど、
こんな言葉はじめてきいたわ。(゜Д゜)

調べてみたところ、"ひっせい" と読むらしく、
意味は一生涯とか終生だって。
(´・ω・`)ふ~ん・・・。

作業場には小説がたくさんあるみたいなんで、
ああ・・・ね・・・。

ということは、アレかな。
「おまかせ入院保険!!安心の保障が畢生つづきます!!」
・・・みたいな(゜Д゜)???
"生まれてから"の意味も入っちゃうとOUTかな。



今号の課題は、
「ボカロPに"調教"テクニックを教わろう R&B(リズムアンドブルース)に挑戦!」
・・・だそうだ ('ω')

٩( 'ω' )و Let's go!






ベイマックスのDVDを借りてきた。

ベイマックスのDVDを借りてきた。

借りてはきたんだけど、見る暇なかった。

・゜・(PД`q。)・゜・オヨヨ。。。

Big_Hero_6.JPG

TSUTAYAで借りたら、

先着でシールもらえたよ。(*´∀`*)



ベイマックス ( ●―● )

ベイマックス ( ●―● )

見た目のわりに、けっこうスマートな声ね。

もうすぐレンタル開始だから楽しみ d(*´∇`d*)
TSUTAYAだと2015年4月24日(金)からみたい。

映画館で観た人の感想だと、
つまらないと言うひとがけっこういる。
なので、過度な期待はしないようにはしてる。

いろいろグッズがあるので、
いくつかピックアップ。

<ディズニー ベイマックス ビジュアルガイド>


絵コンテ、設定画なども収録ってのがいいですね。

ベイマックス (ディズニーアニメ小説版)


小説。
本読むのが好きなひとには良さそう。

<ベイマックス MovieNEX
[ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]>


MovieNEXを利用することで、
Android端末等のいろんな媒体で楽しめるっぽい。

<『ベイマックス』エピソード0 [Kindle版]>


Kindleを持って無くても、無料アプリがあるので、PCで見れる。
ただし、このエピソード0は内容が薄くて物足りない。
続きは有料というオチ。

続きがこちら。有料。

<ディズニー (ベイマックス) 47cm BIG 抱き枕 ぬいぐるみ>


47cmってけっこうでかいよね。

おまけで、元祖宇都宮 人気のかける餃子 うま辛を1瓶プレゼントらしい。
ベイマックス関係ねぇじゃん (゜Д゜;)アボーン

<ベイマックス パウダービーズぬいぐるみヒーローベイマックス>


けっこうなお値段だと思うけど、評判は上々みたいですねぇ。
映画みる前は、そんなにかわいくもない気がしてたのに、
映画みちゃうと、もうこのデザインが超最高~!!ってなっちゃうこと、あるよねぇ。
不思議だね。

<ディズニー (ベイマックス) ぬいぐるみ フェイス型 クリーナー (白)>


クリーナーなんで実用的っちゃ実用的。
( ●―● )

<ベイマックス マスコット ヒーローベイマックス>


写真みるとちょっと寄り目な気がするけど、
レビューみると、かわいいっていわれてますねぇ。
(; ・`д・´) この商売上手め・・・。




エイベックス ベイマックス って、似てるよね。
( ´,_ゝ`)プッ・・・。


隔週刊 ボカロPになりたい! 16号

Rana_effect_001.jpg

隔週刊 ボカロPになりたい! 16号

16号を開始する(*'ω'*)

隔週刊 ボカロPになりたい! 16号
これが16号。

VOCALOID3 Editor での、
ケロケロボイスのやりかたがある。

<1> VOCALOID3 Editor

VocaloP_vol16_004.jpg        
今回は メロディ作り の学習。
コードトーンで作って、ノンコードトーンも入れてみて、シンコペーションもやってみる感じ。

コード進行が、ボカロ講座内で、全部を書いてないから困る。
コード進行は、09ページ に書いてある。



<2> SSW Lite7 for Rana

VocaloP_vol16_005.jpg      
アレンジ機能を使ったアレンジデータの貼り付け。

※動画の通りにやると、8小節3拍目のコードがG7になる。
でも完成版とテキストではGなので、Gが正しいんだと思う。

コードをCtrlキーでコピー移動する場合、
矢印カーソルにして(右クリックから選べる)からドラッグ選択すると良い。




<3> MMD

VocaloP_vol16_006.JPG        
Opera House がもらえた。
xファイルとpmxファイルがある。

VocaloP_vol16_007.jpg
シェルノサージュ(ゲーム)とのコラボで、
イオンの髪色バージョンのMMDモデル
背景画像数点
イオンボイス素材
がもらえた。

<背景画像の操作>
Ctrlキーを押しながら、
右上のアイコン(十字矢印&虫眼鏡) をマウスドラッグ。



そして今回から登場する、舞力介入Pによって開発されたMMD拡張機能・・・
MikuMikuEffect (MME)
キタコレ―――――――ヽ(゜Д゜)ノ――――――――!!

VocaloP_vol16_008.jpg
現時点の最新版である、
"MikuMikuEffect x64対応版 ver0.37 (2014/03/26)"
をインストールする。

VocaloP_vol16_009.JPG
そぼろ氏がつくったAutoLuminous4を使う。
AutoLuminous の xファイル(アクセサリー系みたい) を読み込む。

VocaloP_vol16_010.jpg
このエフェクトの操作は、アクセサリ操作パネルで行うみたい。


次回も、
楽しみにゃんこ。

٩( 'ω' )و






隔週刊 ボカロPになりたい! 16号 が届く

隔週刊 ボカロPになりたい! 16号 が届く

VocaloP_vol16_001.jpg
定期購読の16号が届いた。

2015/4/14 発売のはずだけど、
2015/4/11 に届いた。

再び、3日前でのご到着。


※11号から定期購読開始

  • 11号 2015/02/03 発売 → 2015/01/31 着。3日早い
  • 12号 2015/02/17 発売 → 2015/02/14 着。3日早い
  • 13号 2015/03/03 発売 → 2015/02/28 着。3日早い
  • 14号 2015/03/17 発売 → 2015/03/14 着。3日早い
  • 15号 2015/03/31 発売 → 2015/03/30 着。1日早い
  • 16号 2015/04/14 発売 → 2015/04/11 着。3日早い

VocaloP_vol16_002.jpg
16号。

今回はなんかねぇ、ゲーム 「シェルノサージュ」 とのコラボをしているらしい。

ヒロインキャラの声優が、Ranaの声優のひとみたい。
ああ、そゆことぉ~・・・みたいな('ω')

そんで、そのシェルノサージュってのを調べてみたところ、
PlayStation Vita 用のゲームで、
オンライン版とか、オフライン版とか、
特典付き版だとか、プラス版だのいろいろあって、
わけわかめ('ω')


  公式サイトへ → Link


コラボで、同じような格好してるよねぇ('ω')


VocaloP_vol16_003.jpg

今回はエフェクトを使っていくようなので、どんなもんか楽しみ。d(*´∇`d*)

今号の課題は、
「VOCALOID3 Editorに新しい機能を追加しよう ギター中心のロックに挑戦!」
・・・だそうだ ('ω')

٩( 'ω' )و Let's go!






マイブログへようこそ♪
PLEASANT_DRAGON

2DCG&3DCG,プログラミング,
日記などを掲載中☆

(*´▽`*)コメント大歓迎です☆

最新記事
記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
SAI (0)
mi (2)
C (1)
C++ (1)
C# (0)
VBA (0)
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ピックアップ商品1♪










カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索フォーム
プロフィール

エクレア

Author:エクレア


  • 2DCG&3DCGの創作活動をしています。

  • SF系のメカが大好物。

アクセスカウンター
Twitter
ピックアップ商品2♪