アトリエ・エクレア

2DCG&3DCG, プログラミング, 日記などを掲載してます。

Android SDK のインストール手順

Android SDK ( Android Software Development Kit ) インストール手順の覚書

Windows7 (64bit) 環境での、『 Android SDK 』の導入手順。
また、初めてインストールすることを前提。

<< 予備知識 >>

『 Android SDK 』 は、Android向けソフトウェアを開発するための開発環境。

■Android SDKへのpath確認

Android SDKを入れた後との比較をできるようにするため最初に確認をしておく。

(1) コマンドプロンプトを開く。
Windowsスタートボタン→すべてのプログラム→アクセサリ→コマンド プロンプト から起動する。
before_android_sdk_kakuninn_01

(2) 『 adb 』 と入力する。※Android_Debug_Bridge
before_android_sdk_kakuninn_02

(3) 入力ができたらEnterキーを押す。
before_android_sdk_kakuninn_03

(4)  『'adb' は内部コマンドまたは外部コマンド、操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。』 と表示されるのを確認する。まだAndroid SDKを入れていないので、なにも認識されない。このあとの作業をしていくことで、認識されるようになる。以上で確認は終了なので、コマンドプロンプトを閉じる。
※adb コマンドは、 Android SDK の platform-toolsにあるadb.exeを利用していろいろな命令を発行できる。

■Android SDKのダウンロード

Android SDKを Android Developers のサイトからダウンロードして、インストールまで行う。

(1)  まずはこちらにアクセスする。
android_sdk_download_001

(2)  『 DOWNLOAD FOR OTHER PLATFORMS 』をクリックして、『 installer_r22.0.1-windows.exe (Recommended) 』をダウンロードする。
※Recommendedは"推奨"の意。
android_sdk_download_002

■Android SDKのインストール

解凍したAndroid SDKをPCにインストールする作業をしていく。

(1)  先ほどダウンロードしたあと解凍してあった 『  installer_r22.0.1-windows.exe 』 をダブルクリックなどで起動する。
android_sdk_01

(2)  この画面で 『 Next 』 をクリックする。
android_sdk_02

(3) JDKのインストール状況がチェックされる。 『 Next 』 をクリックする。
android_sdk_03

(4)  デフォルトでは 『 Install just for me 』 が選択されている。デフォルトのまま 『 Next 』 をクリックする。
android_sdk_04

(5) インストール先をきいてくる。
android_sdk_05

(6) インストールしたい場所を入力する。任意だが、今回は 『 D:\Android\android-sdk 』 にする。
android_sdk_06

(7)  デフォルトのまま 『 Install 』 をクリックする。
android_sdk_07  

(8) インストールが終了するまで待つ。
android_sdk_08

(9) インストールが終了したら 『 Next 』 をクリックする。
android_sdk_09

(10)  『 Start SDK Manager (to download system images, etc.) 』 にチェックが入ってることを確認して、 『 Finish 』 をクリックする。
android_sdk_10
※この時点で、ユーザーフォルダ内の自分のフォルダの、『.android 』 フォルダができる。

(11)  Android SDK Manager が起動する。今回はデフォルトのままで 『 Install 12 packages... 』 をクリックする。
※デフォルトでは Android SDK Tools は既に Installed になっている。
Toolsの
Android SDK Platform-tools
Android SDK Build tools
Android 4.2.2(API 17) の
Documentation for Android SDK
SDK Platform
Samples for SDK
ARM EABI v7a System Image
Intel x86 Atom System Image
MIPS System Image
Google APIs
Sources for Android SDK
Extrasの
Android Support Library
Google USB Driver
以上の12項目にチェックが入ってる。
android_sdk_11

(12)  Choose Packages to Install というウィンドウが開く。
android_sdk_12

(13)  『 Android SDK License 』 が選択されてることを確認して、『 Accept License 』 にチェックを入れる。
android_sdk_13

(14)  『 Install Android Sysimage License 』 を選択する。
android_sdk_14

(15)  『 Accept License 』 にチェックを入れる。
android_sdk_15

(16)  『 MIPS Android Sysimage License 』 を選択する。
android_sdk_16

(17)  『 Accept License 』 にチェックを入れる。すべての項目にチェックが入っていることを確認して、『 Install  』 をクリックする。
android_sdk_17

(18)  インストールが始まる。
android_sdk_18

(19)  途中でログの画面がでる。そのまま放置でいい。
※もしログを閉じてもインストールは続行される。
android_sdk_19

(20)  正常にインストールされたのを確認して、ログ画面を閉じる。もしもインストールに失敗しているのがあればインストールを同様にくりかえす。
android_sdk_20

(21)  すべて正常にインストールされたのを確認して、Android SDK Manager を閉じる。
android_sdk_21 

(22)  インストールが完了すると、『 D:\Android\android-sdk 』 フォルダ内は以下のようになっている。
android_sdk_22

(23)  また、『 C:\Users\<user-name> 』 フォルダ内には 『 .android 』 フォルダができている。
android_sdk_23

■ Android SDKへのpath設定

JDKのインストールはしたが、他の開発環境などのプログラムからAndroid SDKを利用するときに、環境変数の設定をしておかないと、どこのAndroid SDKを利用するのか認識できない。

(1)  Windowsのスタートボタン → コンピューターを右クリック → プロパティ → システムの詳細設定とたどり、システムのプロパティ画面を開く。そして 『 環境変数(N) 』 ボタンをクリックする。
※もしくは、コントロールパネル → システムとセキュリティ → システム → システムの詳細設定でもたどれる。
android_sdk_path_01

(2)  環境変数のウィンドウが開く。
android_sdk_path_02

(3)  『 環境変数(S)』 の項目に、 『 Path 』 と書いてあるところをさがし、クリックで選択する。そして 『 編集 』 ボタンをクリックする。
android_sdk_path_03

(4)  既に値が入ってると思う。これは絶対に消さないよう注意する。 既に入力されてる値に、追加をしていく形になる。
既に入力されている文字の一番最後にカーソルを置く。最後がセミコロン(;)で無ければ、セミコロンを打つ。これは区切りを意味する。区切りは前(左)に あるものほど優先される。セミコロンの後に、『D:\Android\android-sdk\platform-tools 』 と入力する。OKを押してウィンドウを閉じる。
android_sdk_path_04

(5)  環境変数のウィンドウもOKを押して閉じる。
android_sdk_path_05


(6) システムのプロパティウィンドウもOKを押して閉じる。
android_sdk_path_06

■ 再びAndroid SDKへのpath確認

(1)  再びコマンドプロンプトを開く。
after_android_sdk_kakuninn_01

(2)  『 adb 』 と入力したらEnterキーを押す。
after_android_sdk_kakuninn_02

(3) 以下のように表示がでることを確認する。
after_android_sdk_kakuninn_03

以上で終了。

今回の一連の作業で、『 D:\Android 』内に、『 android-sdk 』フォルダができる。

<< アンインストールするには >>

もしも、ここまででインストールしたものを削除する場合は、
(1) スタートメニュー → Android SDK Tools から、Uninstall Android SDK Tools を選択し、指示にしたがってアンインストールする。

『 D:\Android 』フォルダ内に、『 android-sdk 』 フォルダが残っていないことを確認する。もし残っていれば『 D:\Android 』フォルダごと削除。

(2) ユーザーフォルダ内の自分のフォルダの、『.android 』 フォルダを削除。

(3) 追加した環境変数のパスを削除する。


コメントの投稿

非公開コメント

マイブログへようこそ♪
PLEASANT_DRAGON

2DCG&3DCG,プログラミング,
日記などを掲載中☆

(*´▽`*)コメント大歓迎です☆

最新記事
記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
SAI (0)
mi (2)
C (1)
C++ (1)
C# (0)
VBA (0)
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ピックアップ商品1♪










カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索フォーム
プロフィール

エクレア

Author:エクレア


  • 2DCG&3DCGの創作活動をしています。

  • SF系のメカが大好物。

アクセスカウンター
Twitter
ピックアップ商品2♪